ネクセンスタッドレス

ネクセンのスタッドレスタイヤを使う時の注意

ネクセンスタッドレス注意

安くても、
しっかりとした、雪道、アイスバーンなどでの走行性能を持つ

 

ネクセンのスタッドレスタイヤですが・・・

 

使用するにあたって、
気を付けてほしい注意点があります。

 

それは、ミシュランのスタッドレスタイヤ以外、全般に言える事でもあるのですが・・・

 

タイヤの減りが早い・・・ので、使う時に注意が必要である。

 

という事なのです。


ネクセンのスタッドレスタイヤを必要以上に減らさない為に・・・

もちろん・・・
タイヤは、走行して減るのが当たり前な製品です。

 

しかし・・・ネクセンのスタッドレスタイヤは、
同じく、ネクセンの夏タイヤに比べ、

 

ゴムが柔らかく、減りやすくなっています。

 

それが、雪道やアイスバーンで、威力を発揮するわけですが・・・

 

雪や氷の上以外では、ただの柔らかく減りやすいタイヤでしかありません。

 

普通のドライ路面を走行する場合は、

 

急の付く行為・・・

 

急発進、急ブレーキ、急ハンドルをしてはいけません。

 

むだに、タイヤのゴムを減らしてしまいます。

ネクセンのスタッドレスタイヤを減らさない為に、絶対してはいけない事

ネクセンスタッドレス高速走行

また、急の付く行為・・・以外に、

 

私が、絶対にしてはいけないと思っている行為があります。

 

それは・・・

 

スピードの出し過ぎです。

 

以前、私は、
スタッドレスを履いた車に乗っていたとき、

 

仕事上、時間に追われていた事もあり、

 

高速道路などで、スピードを出して、長距離を移動してばかりの日々がありました。

 

すると、
車に履いていたスタッドレスのミゾが、どんどん減ってしまい・・・

 

ワンシーズン(ひと冬)しか持ちませんでした。

 

この、私の経験からも・・・・

 

ドライ路面に強い、ミシュラン以外のスタッドレス以外、全てのスタッドレスタイヤを履いている場合、

 

ドライ路面でのスピードは控えめに・・・するのが、
スタッドレスタイヤを、長持ちさせる鉄則だと、(私は)考えています。


ネクセンタイヤの、実際の販売価格は?
下のリンク先で、確認してみて下さい。

ネクセンタイヤ価格


 


page top